熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み

火災保険は一度利用すると二度目は使えない?保険料は上がるの?

住宅の保険

雨漏り修理に火災保険を活用できることはこれまでにお伝えした通り。

でも、火災保険を1度使ったら、その後の契約はどうなるの?保険料は上がらないの?とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、火災保険の活用ポイントについてまとめました。

火災保険の申請に回数はない

住宅の保険

火災保険は現在、単年から最長で10年まで契約を結ぶことができます。

仮に10年の契約を結んでいた場合、契約期間中であれば何度でも申請できます。

損害が認められれば、何回でも保険金を受け取れるのです。

契約が期間内に終了するケースとしては、設定した保険金額の上限まで支払われる場合です。例えば、大規模な火災に見舞われ、家が全焼したときなど。

全焼した場合は保険金額が満額支払われることになりますので、一旦契約が終了となり、再度火災保険に加入する必要があります。

何度利用しても保険料は変わらない

住宅の保険

例えば自動車保険などは、前年の利用実績に応じて翌年の等級が決まります。事故を起こしていた場合は、保険料が高くなりますよね。

では火災保険は1度申請すると、その後保険料は上がらないのでしょうか。

実は火災保険の保険料は、保険金額の上限額と補償内容を基準としているため、契約期間中に何度申請しても、保険料は上がりません。

ただし、契約満了後に再度契約する場合は、保険料が値上がりする可能性があります。また、最近では甚大な自然災害が相次いでいることから、全体的に保険料は値上がりしている傾向も。

オプションでさまざまな保険を追加できますが、その分保険料も高くなりますので、懐と相談の上よく吟味して加入しましょう。

二回目以降の申請ができるのには条件があるので注意

住宅の保険契約

火災保険は何度でも申請できると先述しましたが、2回目以降の申請には適用条件がありますので注意しましょう。

2回目の申請ができるケースとしては、申請箇所が異なる場合です。例えば、昨年の台風で屋根が破損して火災保険を申請し、今年は外壁にヒビが入ったという場合は適用されます。

昨年の台風で破損した屋根を火災保険で修理していなくても、申請箇所が異なるので、申請が可能です。

また、昨年の台風で屋根が破損し、火災保険で修理したが、今年の台風でまた同じ箇所が破損したという場合も、適用されます。これは、保険金で修理をした上で、再度自然災害で破損したからです。

マイホーム

2回目の申請ができないケースとしては、保険金を受け取ったのに修理をしなかった場合です。

例えば、昨年の台風で屋根が破損したが、保険金で修理せず、保険金は受け取った。今年の台風でまた同じ箇所が破損した。この場合は重複申請とみなされ、申請はできません。

基本的に受け取った保険金は、用途以外のことにつかっても問われませんが、上のような場合は2回目の申請ができないので注意が必要です。

もしものときのために便利な火災保険ですが、当然ルールもあるので、しっかり把握した上で契約をしましょう。

(執筆:瀬上)

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060