熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み

雨漏り修理の火災保険利用。申請から支払いまでの流れは?必要書類は?

詐欺

火災保険は雨漏りをはじめ、自然災害や事故などによる家屋の損害を広くカバーする保険です。

家は時間が経つとともに耐久性が落ちてゆくので、定期的にメンテナンスしなければ、台風や豪雨などの災害で損害を受けやすくなります。

自然災害は特に、予測不可能なもの。突然被った損害を補償するには、家計にも負担がかかります。

そのような場合に火災保険が活躍するわけですが、では一体どのように申請するのでしょうか。

雨漏り修理に火災保険を利用する条件

火災保険

火災保険は、自然災害や事故を広くカバーする保険です。自然災害とは、火災・風災・落雷・竜巻・雹災など。

これらの自然災害によって屋根や外壁が破損し、そこから雨漏りが発生したという場合は、火災保険で修理代を賄うことができます。

原則的に、火災保険は自然災害や第三者による事故で被った損害に適用されます。よって、経年劣化や故意・過失による損害には適用されません。

保険

また、地震で発生した損害は火災保険では補償されないので注意が必要です。地震によって発生した火災も、火災保険では補償されません。

地震による損害は、地震保険で補償されます。地震保険は単体で加入することができず、火災保険とセットで加入する必要がありますが、加入は任意です。

また、火災保険の申請は、損害が発生してから3年以内となります。損害の程度が災害によるものか経年劣化なのか判断がつかない場合は、自然災害鑑定士などの専門家に調査を依頼すると良いでしょう。

申請から支払いまでの流れは?

見積書

火災保険申請の大まかな順序としては、「保険会社に連絡→必要書類の手配・返送→入金」です。

まず損害を確認したら、保険会社や代理店に連絡し、保険会社の案内に従います。後日、保険会社から書類が送られてくるので、それが自宅に届いたら内容を確認し、各種必要書類を手配します。

必要書類が全て揃ったら、保険会社に返送。後日入金され、手続きは完了となります。

主な必要書類としては、保険金請求書・事故内容報告書・損害明細書・修理見積書・りさい証明書・写真など。

前者3つは、保険会社が用意する場合がほとんどで、所定の書式に沿って記入します。後者3つは自分で用意。

雨漏り調査

特に写真は重要な証拠となるので、損害を確認したらなるべくすぐに撮っておきましょう。

損害の状況によってはすぐに応急処置が必要となる場合もありますが、焦って繕うと損害として認定されなくなる可能性もあります。

スマホでも大丈夫なので、まずはその様子を撮っておくことをおススメします。

保険会社から書類を送ってもらい、必要書類を揃えて返送し、保険会社が書類を確認した後、振り込み手続きに入ります。振込までにかかる日数は保険会社によって異なっていますが、だいたい申請してから1カ月程度と考えておくと良いでしょう。

代理店を通じればとってもラクチン!

火災保険適用の流れ

火災保険の大まかな申請手続きは以上ですが、中には「忙しくてなかなか申請書類を揃えられない」人や「必要書類の記入の仕方が分からない」人など、申請が面倒な人もいます。

そのような人は、代理店を通じた申請がおススメ。

熊本雨漏りドットコムでも、忙しいお客様に代わって申請代行を行っております。

雨漏り修理はもちろん、保険のプロが常駐していますので、火災保険に関する相談も常時受付中。

どうぞお気軽にお問い合わせください^^

 

 

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060