熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み

雨漏りは天井だけじゃなく床からも発生する!

床の浸水

雨漏りが起こる主な箇所は、劣化・破損した屋根や壁ですが、最近では窓のサッシやベランダからの雨漏りもよく発生しています。

雨は空から降ってくるものですから、家の上部から雨水が染み出てくるという概念は誰にでもありますが、実は意外なところからも発生することもあるんですよ。

床から発生することもある雨漏り

床の浸水

雨の被害を直接受けない床なのに、雨漏りが発生することがあります。

家の床よりも、土やアスファルトなど外の地面の方が高い場合には、雨水が床下に侵入しないよう防水工事を施しますが、この防水工事がきちんとなされていないと、床からの雨漏りが発生してしまうのです。

雨水は、基礎コンクリートの継ぎ目から侵入。中で一定量以上の雨水が溜溜まると、床に浸水してしまうのです。

床の浸水には雨漏り以外にも原因が考えられますが、雨が降るときに限って床が濡れやすくなる際は、防水工事が行き届いてない可能性大です。

床からの雨漏りの応急処置方法

床の浸水

床から雨漏りが発生した際は、専門業者による修理をおすすめします。

雨漏り修理を行う前にはまず原因の特定調査をしますが、床からの雨漏りの原因の特定は、かなり難しいのです。さらに床下の工事は専門技術を要する場合が多くので、DIYではきちんと工事を完遂できないことも。

もしも床から雨漏りが発生し、修理をすぐに行えない場合は応急処置をし被害を最小限に留めておきましょう。

凍結

具体的な方法としては、漏れている箇所の周辺にある家具やカーテンを移動させ、タオルなどでこまめに拭き、床材に水がしみ込むのを防ぎます。

水分が残っていると、そこからカビが発生してしまいます。特に畳は水を吸収しやすいので、水気がなくなるまで何度か拭きましょう。

床の雨漏りには火災保険は適用される?

着物

火災保険には、建物保険と家財保険の2種類があり、どちらに加入しているかによって補償される適用範囲が異なります。

建物保険は、建物自体や建物についているドアなどを補償します。そのほかにも、浴槽やキッチン、トイレなども補償範囲です。

対して家財保険は、家具や衣服などといった日常生活で使用するものが補償の範囲となります。したがって、家財が家屋の外で被害を受けた場合は、補償の適用外となるので、注意しましょう。

床下

床の雨漏りでもしも家具や家電が破損・故障した場合は、火災保険が適用される場合があります。

その際は、被害の様子を写真に収めておくと、後の手続きもスムーズにいきます。応急処置の前に、しっかりシャッターを切っておきましょう。

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060