熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み

実は間違いやすい雨漏りと漏水。共通点と相違点は?

手

雨漏りと漏水、どちらも家の中に水が浸入するトラブルです。

言葉だけきくと違いは分かるかもしれませんが、例えば壁紙クロスが破けてそこから水が垂れているといったトラブルは、一見しただけでは雨漏りか漏水か分かりません。

壁内を通る水道管が破裂してそこから水が漏れているのか、外壁にヒビが入ってそこから雨が侵入しているのか、分からないからです。

今回は、雨漏りと漏水の違いについて、今一度解説したいと思います。

雨漏りとは

熊本の雨漏り修理

雨漏りは、経年劣化や自然災害などによって屋根や外壁が破損し、雨水が家の中に侵入するトラブルです。

雨漏りを放っておくと二次被害が広がってしまうのはこれまでお伝えした通り。しかし、屋根や外壁を普段から隈なく観察し、劣化や破損を見つけるというのは結構大変なことです。

雨漏り修理

よって、雨漏りの発生は気付きにくい場合がほとんどで、知らない間に被害が進行しているということも少なくありません。しかも、雨漏りの工事は難しいと言われており、特に原因の特定に時間がかかることも。修理にも高度な技術が必要なので、施工ミスの頻発も多く、再発することもあります。よって業者選びも慎重に行いたいところです。

このように、一度起こってしまうと完全に直すまでには厄介事ばかりが続く雨漏り。だからこそ、定期的なメンテナンスが勧められるのです。

漏水とは

凍結

漏水とは、水漏れともいい、主に水回り設備の不具合によって起るトラブルです。例えば、排水管や給水管が凍結などによって破損し、そこから水が漏れるなど。

一般的な住居には、キッチン・トイレ・お風呂・洗面台・洗濯機置き場などの水回りの設備があります。しかし、これらの設備の排水管や給水管は見えないところに設置されているもの。雨漏りと同じく、普段から状態を観察できません。よって、気付かぬうちに発生し、床などから水が漏れている状態を見て初めて漏水だと気付くことが多いのです。

マンションやアパートでは、上階から漏れた水が下階にも及ぶことがあります。この場合も漏水と言われます。

凍結

雨漏りと漏水の共通点は、気付かない内に発生し、被害が進行していること。

相違点は、雨が漏れるか、排水管や給水管から水が漏れるか、という点ですね。

漏水に火災保険は適用されるの?

雨漏り

自然災害によって屋根や壁が破損し、そこから雨漏りが発生した場合は火災保険の水災補償で修理代などをカバーできますが、経年劣化の場合は適用されないので注意が必要です。

漏水の場合は、水ぬれ補償が適用される場合があります。この補償対象の例としては「給水管が破裂して室内が浸水し家電が故障した」、「天井の配管が破損し水が漏れ、壁紙の張替えが必要となっ」、「近所で火事がおき、放水の勢いで自宅の窓が割れた」など。

水道管

ただしここで注意しなければならないのは、補償対象はそれらの被害であって、設備自体の修理代などは補償されない場合があるということ。

万が一のトラブルに備え、今一度加入している保険の内容を確認しておきましょう。家の定期的なメンテナンスもお忘れなく!

(執筆:瀬上)

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060