熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み

リフォーム直後の体調不良。それは○○○○○○症候群かも!?

シックハウス症候群

健康志向の高まっている昨今では、住宅にも体に良い天然素材がよく使われるようになりました。

しかし、「リフォームした部屋で過ごすようになった途端、喘息がひどくなった」、「リフォーム直後、頭痛やめまいに悩まされるようになった」という事例は少なくありません。

一体これは、何が原因なのでしょうか。

シックハウス症候群にご注意

家

「シックハウス症候群」という言葉をご存知でしょうか。家が原因で起こる健康被害全般のことです。

症状の度合いや程度は人によって異なりますが、咳や発疹など、アレルギー症状によく似ているといわれています。したがって、発症した多くの人がシックハウス症候群だとは気づかず、「原因不明の体調不良」として長い間悩まされます。

新しい家への住み替えやリフォームをした直後に、これまでにはなかった体の不調が続く場合は、シックハウス症候群が疑われます。原因を除かない限り症状はずっと続くので、速やかに専門医の診察を受けましょう。

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群

では、シックハウス症候群の原因は何なのでしょうか。原因は大きく2つあると言われています。

人体に有害な化学物質

住宅には、色々な種類の建材が使われています。現在の住宅には化学物質を含む建材が多く使われており、これがシックハウス症候群を引き起こしていると言われています。

化学物質が含まれる建材とは例えば、合板のフローリング、ビニールクロス、接着剤など。多かれ少なかれ、人工的な建材には化学物質は含まれており、これをゼロにすることは不可能に近いのです。

シックハウス症候群の対策としては、化学物質が含まれない天然素材の建材を使用することが挙げられます。しかし、天然素材は価格が若干高くなるため、家に使う建材全てを天然素材にするのは難しいもの。

このような場合は、天然素材を取り入れつつ化学物質の含有量が少ない建材をできるだけ多く取り入れると良いでしょう。

気密性の高い空間

シックハウス症候群

現在の住宅は省エネの観点からも、気密性を高くする傾向にあります。気密性が高い家は、エアコンの空気を逃がさないので室内を快適にしますが、24時間の換気システムの導入が不可欠だといえます。

なぜかというと、適度に換気しなければ、アレルギーの原因となるカビやダニが繁殖してしまうからです。

しっかりした換気システムを導入せず気密性だけを高めると、室内は常に湿度が高い状態になるので、カビやダニが大繁殖してしまいます。

ミーテイング

家の建て替えやリフォームをする多くの人は、デザインや機能、省エネなどを意識しがちです。健康に過ごすことができる空間になるのか、この点にも十分配慮しましょう。

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060