熊本で安心して任せられる雨漏り専門店 熊本雨もりドットコム

無料24時間受付中ご相談・見積り依頼 お客様専用ダイヤル 096-321-6060 受付:9:00~20:00 日曜・祝日お休み
熊本 雨漏り

雨もりを未然に防ぐために《メンテナンス》時期を逃すな!

日々、雨風から私たちを守ってくれる屋根。
建物の中でも特に大切な主要構造部です。

適切なタイミングでメンテナンスを行うことで、
結果的に家全体を長持ちさせることに繋がります。

紫外線や強い風雨、真冬の寒さや雪など
季節ごとに天候、外気の影響を直接受ける屋根材や屋根周りの部材。

見た目では分からなくても劣化が進行しているケースが!

頑丈な素材でつくられているとはいえ、年月が経てば劣化も進みます。

劣化の進行した箇所や破損した箇所を放置していると
屋根の下の構造部まで傷んだり、

屋根裏や天井にカビが生えるなど
メンテナンスでは済まない、
大がかりな工事が必要になることも。
そうなると、費用面でも負担も大きくなってしまいます。

また、パッと見ただけではわからないところに、
思わぬ劣化や破損が進み、
内部まで侵食しているケースもあります。

私たちも季節に合わせて、病気にかからないよう対策をします。

それと同じで雨漏りの症状が見られなくても
定期的なメンテナンスをすることで
雨もりを未然に防ぐことができるのです。

 

メンテナンス時期の目安

屋根のメンテナンスの頻度は
屋根材や内部構造により異なりますが
以下を参考にしてみてください。

【①瓦屋根:20~30年】

屋根材の中では最も耐久性が高く、
耐用年数は50〜100年ともいわれています。

しかし、瓦の下に敷かれている防水シートの
耐用年数は20~30年。
瓦じたいに痛みはなくても、
防水シートの交換が必要となります。

【②スレート屋根:10~20年】

コロニアルやカラーベストとも呼ばれているストレート屋根。
塗装によって防水性を補っているため

防水塗装が剥がれると
中に雨水が侵入しやすくなります。

最近では高耐久のストレート屋根も登場していますが、
一般的な耐用年数は約20年。

気象条件によっては10年しか
もたない場合もあります。

【③ガルバリウム鋼板:20〜30年】

ガルバリウム鋼板は金属製ですが、
錆びにくいのが特徴です。

軽量で耐震性が高く、
メンテナンスの手間が少ない屋根材でもあります。

しかし、薄い金属のため
台風や強風による飛来物で破損しやすく、
そこから劣化・痛みが進行するので注意が必要です。

適切なメンテナンスで丈夫で長持ちす屋根に!

屋根のメンテナンスは
状況に応じて工事内容や使用する素材が異なります。

メンテナンスだと1坪数万円で済む工事もありますが、
面積が広いと、それだけ費用も高くなります。

しかし、内部に痛みが進んでしまうと、
さらに大がかりな工事が必要になることも。

適切なメンテナンスをすることで
丈夫で長持ちする屋根に生まれ変わります。

今回ご紹介した耐用年数はあくまでも目安です。

長くメンテナンスしていないという方は、
年末にかかる前に一度、専門業者による
点検をされることをお勧めします。

雨漏り調査をご希望の方はお気軽にお問い合わせください

無料検査予約はこちら メールでのご相談はこちら  お客様専用ダイヤル受付:9:00~20:00(日・祝日休)096-321-6060